福田 勝彦さん

受講者インタビュー Vol.1
新しいプロダクトが生まれる場に関与したい
株式会社メルカリ(カスタマーサポート)
福田 勝彦さん

新しいプロダクトが生まれる場に関与したい

TORIKAJIに参加した きっかけを教えてください
現在勤めている株式会社メルカリの子会社に「メルカリアッテ」を提供している株式会社ソウゾウがあります。
ソウゾウでは新しいプロダクトを作っており、今後も新しいサービスを作っていくという機会があるので、自分もそこに関与していきたいと考えていました。
新しいサービスを作っていく際にはプロデューサー達がどのような思考を経ているのかを知り、彼らと同じ感覚を持つことが大事だと思います。私自身日々、様々なアプリを触ったり、勉強はしているのですが、サービス/プロダクトをつくるということを体系的には学んでいないので、今回はサービス開発の内容を体得しようとTORIKAJIに参加しました。

テクノロジーの知識とデータを扱うスキルはビジネスパーソンの基礎能力

今後ビジネスパーソンにはどのようなスキルが求められていくと思いますか?
これからの時代は一定程度のテクノロジーの知識とデータを扱うスキルはビジネスパーソンの基礎能力となっていくと思います。
あらゆるものがデータ化され情報が収集されていく中でテクノロジーを切り離してビジネスを展開するというはありえなくなるはずです。
エンジニアでなくても新しい価値を生み出していくためにはテクノロジーについて勉強をし、走り続ける必要があるでしょう。

デジタル時代に成果を出すために必要な視点・スキルセット

何故そうなのか?何故こうでなければいけないのかを突き詰める

TORIKAJIを受講していかがでしたか?
TORIKAJI HAYATEは週末2日間という短期間に内容が凝縮されているので、もっともっと考える時間が欲しかったというのが率直な感想です。
実際普段より物事を深堀りして考える機会が多く、思いつきレベルでなく何故そうなのか?何故こうでなければいけないのか、ということを突き詰めていく所に最も思考力と体力を使いました。
特に事業やサービス開発において重要な部分は、デザイン思考を用いた課題の設定や顧客開発、ユーザへの共感であり、ロジックだけでは解決できないという点ではコンサルタント時代とは違った脳を使ったと思います。
頭の中だけでウンウン考えているよりも手も動かしながら形にしていくことの大切さや楽しさを知れたのも良かったです。

デジタル時代に成果を出すために必要な視点・スキルセット

喜多村 是孝さん

TORIKAJIを検討している方へメッセージ

ユーザ像のニーズを深掘っていき課題の本質を理解をすることは新しい事業やサービスをつくる際や起業の際に非常に役に立つと思います。問題の本質をとことん追い、全体のバランスをみながらアイディアを形にできることはやっていて楽しかったです。
また、チームメンバーやメンター達からソリューションアイディアに対して様々なインプットやフィードバックが入るので、軌道修正を細かく・素早く進めることができ、最終的にプロトタイプを作り上げることができました。守りに入らず攻めていきましょう!

デジタル時代に成果を出すために必要な視点・スキルセット

福田 勝彦さん
福田 勝彦さん
株式会社メルカリ(カスタマーサポート)
京都大学卒業後、京都市役所の勤務を経て外資戦略コンサルティングファームのボストンコンサルティンググループ(BCG)に転職。2年半に渡りIT系や製造系のプロジェクトを担当。その後ネット系ベンチャー企業に移り、2016年より株式会社メルカリにカスタマーサポートとして勤務。

他の受講者を見る

デジタル時代に成果を出すために必要な視点・スキルセット